ストローク

試合の中で、「ドロップショットを打つとき」に意識したい基本4つ

テニスの試合で、打てるとカッコイイ!というショットの一つ「ドロップショット」。

でも難しそうだし、なかなか試合の中で使うには勇気が要りますよね。

お勧めの意識としては・・・まず、使ってみること!

そして早くアナタ自身が「ドロップショットを打つ人」になる意識が大事です。

 

試合の中で、「ドロップショットを打つとき」に意識したい基本4つ

 

1.甘くなっても守備でカバー

ドロップショットは、相手に触られるくらいでOK。

ノットアップにならないとナイスショット・・・にならない、みたいな感じに自分でハードルを上げてはいませんか?

まずは相手に触らせて、そこからの返球で攻撃していく意識でちょうど良いでしょう。

多少甘いドロップショットでも、試合の中で急に打たれると相手は嫌なはず。

まずは積極的に使っていく、アナタ自身が「ドロップショットを打つ人」になれば、それだけで相手が警戒して試合を優位に進められるはずです。

 

2.浅いスライスを打つ感覚でOK

ドロップショットは、浅いスライスのストローク、という意識で良いでしょう。

バックハンドをスライスで打つ男性なら、フォロースルーを少し短くしてみるだけでドロップショットは完成する。

女性であれば、両手のバックハンドボレーを打つ感覚、で試してみましょう。

浅く打つ意識は大事ですが、それ以上にしっかり山なりな軌道で打つ感覚、も大事です。

直線的なショットよりは、山なりなショット。

ドロップショットを横から観ると、結構ネットの高い位置を通っていることに気付くと思いますよ。

 

3.バックハンド側に落とせば効果大!

多少甘くても良い、相手に触られても良い・・・と書きましたが、一つだけポイントが!

それは、相手の「バックハンド側で触らせる」ことです。

バックハンド側の浅いボールって、上のレベルの人でも怪しい人が多い。

私の経験では、特に両手バックハンドストロークが得意、な人ほどこういった浅いボールの処理は苦手にしている方が多い。

両手打ちの方は片手で処理すること、に慣れていないですしね。

ストロークが強力な選手ほど、意外とドロップショットを仕掛けていくと崩れてくれる相手、多いですよ。

 

4.練習の中でガンガン、使うこと!

テニススクールでも学校の部活でも良い。

「ストロークラリーの練習の中で、使っていくこと」が大事です。

テニスの練習は、ある程度打てるようになれば延々とラリーを継続することは出来るはず。

でも・・・それだけだと、ただ続けているだけでなかなか上達はしないですよね。

普段の練習の中から、ラリーが3往復くらい続いたら「ドロップショットを打って仕掛ける」イメージで、練習してみましょう。

きっと試合の中でも、使えるイメージが身に付くはずです。

 

ドロップショットって、打つのに勇気が要りますよね。

ややもすれば、「調子乗ってる系」のショットと思われがち・・・ですが、そんなことはありません。

相手を動かす、前に引っ張り出すことが出来るのが、テニスの大きな醍醐味の一つ。

だって・・・ジュニア経験者でガンガンストロークを打って来る相手に、後ろで打ち合ってても勝ち目が無いとき、あるじゃないですか。

そんなときにポケットから取り出す、飛び道具。

その一つに「ドロップショット」、加えてみて下さいね。

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. 自分のストロークに「威圧感が足りない・・・」と感じている人に、試…
  2. テニスでのショットを全て「置きにいってしまう」人は、ココから意識…
  3. 試合で使えるドロップショットを磨くのに必要な意識4つ
  4. カナダの新星シャポバロフ選手の、片手バックハンドはなぜ凄いのか?…
  5. 「リターンの調子が悪い・・・」ときに、試合の現場で改善出来るアイ…
  6. テニスでネットを挟んだ相手と「安定したストロークラリー」をするた…
  7. 硬式テニスでの、「片手バックハンドストロークと両手バックハンドス…
  8. テニスの試合でリターンを安定させる為に必要な、4つの意識

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP