ストローク

「リターンの調子が悪い・・・」ときに、試合の現場で改善出来るアイデア4つ

リターンの調子が上がらない・・・と、試合でも気持ちが乗っていかない。

「大したサーブでも無いのに、何で返せないんだ!」と勝手にイライラして、負けていく・・・。

ような試合は、もう卒業しましょう。

大事なのは、現場での修正力です。

 

「リターンの調子が悪い・・・」ときに、試合の現場で改善出来るアイデア4つ

 

1.ポジションを前にしてみる

リターンのポジション、少しだけ前にしてみる。

ベースラインよりも内側、で全然問題無いし、セカンドサーブになったら更に前でもOK。

リターンミスが多い時って、ボールを待ち過ぎて足が止まってしまうとき。

しっかり自分から動いて、ボールのバウンド地点に向かっていくような意識で、ポジショニングを意識してみましょう。

 

2.打点を高くする

これも、1.と関連してくるのですが、リターンの打点が低くてミス、になっている人も試合では多い。

緩いセカンドサーブをベースライン付近で待っていても、打点が低くなってミスが増えるだけ。

前に出る、自分から踏み込んで、出来ればネットより高い位置でリターンの打点を確保できるように意識してみましょう。

ダブルスの並行陣を相手にしたときにも、打点が低いと致命的。

低い打点のストロークから足元に沈める、なんて無理ですからね。。

 

3.スピンやスライスの回転量を増やす

リターンミスが多いときって、ほとんどが「フラット気味」の当たりになっていることが多い。

これを改善する為にも、リターンでもしっかり回転量が多いショットに調整していく、ことが試合の現場では大事です。

「サーブも速いし、難しい・・・」という方も、テイクバックを小さく、振り幅を小さくして回転をかけることがコツ。

大きく振るのではなく、小さいラケットの振り幅で回転をかける練習、やってみて下さい。

 

4.攻撃的な姿勢を取り戻す

メンタルが弱い・・・のではなく、しっかり攻撃的な意識が持てないのが問題。

リターン側として受け身になるのではなく、調子が悪い時ほどしっかり攻撃していく姿勢に自分から切り替えていきましょう。

セカンドサーブでは、思い切ってエースを獲る意識、大事です。

例えミス、になってもOK。

攻撃的な姿勢を見せておけば、相手にプレッシャーをかけることが出来ますからね。

リターンミスが続くからつなごうとして、余計に落ち込む・・・試合はもう卒業しましょう。

 

試合の現場で、リターンは修正出来ます。

サーブよりも、相手に合わせるという意味ではリズムを取りやすいですしね。

リターンが得意な人って、結局細かい調整が上手い人。

誰でもなることが出来る、と私は思います!

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. 錦織選手も得意な「ライジングショット」って、何が普通のストローク…
  2. 杉田選手の得意ショット、「ライジングショットで逆クロス」のフォア…
  3. 「高い打点でのストロークが難しい・・・」人が見直したい、4つのポ…
  4. 男子ダブルスにこそ「ストレートロブ・リターン」が必要な理由4つ
  5. カナダの新星シャポバロフ選手の、片手バックハンドはなぜ凄いのか?…
  6. テニスでネットを挟んだ相手と「安定したストロークラリー」をするた…
  7. テニスでのショットを全て「置きにいってしまう」人は、ココから意識…
  8. ダブルスの並行陣に対抗して、「ショートクロス」を使うときの4つの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP