ストローク

いつもコーチに「構えが遅い!」と注意されてしまう方へ、4つのお勧め意識ポイント

いつもコーチに「構えが遅い!」と注意されてしまう方へ、4つのお勧め意識ポイント

 

「構えが遅い!」「準備を早く!」というアドバイス、日本中のテニススクールで飛び交っているような気がします。

レベルに関わらず、テニスって準備の速さが大事。

分かっているけど、なかなか身に付かない・・・と思って悩んでいる方に、オススメポイントまとめてみました。

 

1.球出し練習、に慣れてはいけない

テニススクールで多い球出し練習ですが、コレは危険な練習でもあります。

「来ると分かっている、打ちやすい球」が飛んでくる訳ですから、当然構えも遅くなる。

バウンドしてからラケットを引いても、充分間に合うくらいの球威ですからね。

無意識にやっていると、ぬるま湯に浸かったような練習で「遅い準備」の練習になってしまいます・・・。

球出し練習をするなら、危機感を持って意識的に速い準備、を心がけるようにしましょう。

 

2.骨盤から反応させる

テニスは「横向き」でボールを打つ機会が多い競技。

正面向きでボールを捕らえるバレーやバスケのような球技と違って、準備が遅い人はなかなかこの「横向き」を素早く作るのが難しい。

骨盤から「クイッ」と反応させることを意識すると、素早いターンが出来て効果的かも知れません。

骨盤がしっかり動けば、他の身体の部位はつられて自然に動いて良い準備が出来るはずです!

 

3.間に合えば良い、では試合で勝てない

ストロークやボレーも、何となく「返球出来れば、良いか・・・」くらいのレベルだと、なかなか試合では勝てない。

しっかり追い付いて、待ち構えているくらいの時間があれば、コースを打ち分けたり相手に「どこに打って来るか、分からない・・・」という印象を与えることが出来ます。

構えが遅い人って、間に合えばそれでOK、くらいの意識がどこかにあるのかも知れません。

速く構えてコースを打ち分けられる状態、を作ることが試合では大事。

間に合うという感覚、もっともっと自分に厳しく設定してみましょう。

 

4.テニスはフォアハンドかバックハンド、しか有り得ない

基本的に、この2つのどちらか、でテニスはショットを選択していきますよね。

この決断が遅いと、結果的に構えも遅くなってギリギリまで準備出来ない。

決断力、もっと磨いていかないといけないと思います。

相手が打った瞬間に、自分はどちらを選択するのか。

ボールは深いのか、浅いのか。

判断力の速さ、決断力の強さが、準備の精度を決めると覚悟して練習しましょう!

 

無意識に、テニスって構えが遅くなる。

コーチから観て構えが遅い、でもアナタ自身は「間に合っているのに・・・」と思うときは、大抵バウンドに合わせてラケットを引いていることが多い。

先に準備を終えて、待ち構える。

ことが出来るようになると、テニスのレベルもグッと上がると思います。

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. ダブルスの並行陣に対抗して、「ショートクロス」を使うときの4つの…
  2. 自分のストロークに「威圧感が足りない・・・」と感じている人に、試…
  3. テニスでネットを挟んだ相手と「安定したストロークラリー」をするた…
  4. 硬式テニスでの、「片手バックハンドストロークと両手バックハンドス…
  5. テニスでのショットを全て「置きにいってしまう」人は、ココから意識…
  6. ストロークでラリーが続かない人は、「最初の球出し」がまず難しい・…
  7. 試合で使えるドロップショットを磨くのに必要な意識4つ
  8. 錦織選手も得意な「ライジングショット」って、何が普通のストローク…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP