ストローク

フォアハンドストロークが安定しないときに、意識してみたいポイント5つ

フォアハンドストロークが安定しないときに、意識してみたいポイント5つ

 

簡単なようで、難しい・・・。

テニスは「フォアハンドストローク」で悩むようになったら、もう一人前だと思います。

初心者の方はバックハンドで悩む方、が多いと思いますが、テニス歴が長い人ほど、フォアハンドストロークに悩んでいる方、多いんじゃないでしょうか?

今回は安定感に欠けるフォアハンドストロークの改善のヒント、一緒に考えていければと思います。

 

1.フォロースルーが収まる場所を作ってあげる

フォアハンドって、自由度が高いから安定しない。

フォロースルーでしっかり「収まる場所」を作ってあげると、スウィングの軌道が安定するはずです。

右利きの片手打ちの方であれば、左手でキャッチ!してみると良いでしょう。

自分の顔の前くらいでラケットのスロート部分をキャッチ出来ると、コンパクトなスウィングになって安定感が増すはずです。

 

2.ゆっくり振ってみる

安定しないときには、まずゆっくりラケットを振ってみる。

息を吐きながら、早い準備でしっかり待ち構えてスウィングスピードを遅くしてみると良いと思います。

「威力が出ないのでは?」と思う方も多いでしょうが、打点さえしっかり前であれば、そんなに威力は落ちません。

調子が戻ってきたら、ちょっとずつスウィングスピードを上げていく、意識で調整してみましょう。

 

3.打点に顔を残す

フォアハンドストローク、しっかりラケットの中心か少し先、くらいでボールを捕らえることが出来てますか?

「どうも当たっていない・・・」と感じたら、意図的に打点に顔を残して振ってみましょう。

早く結果が知りたい衝動にかられて、打点を見ていない人は安定しない。

フォアハンドのように自由度の高いショットだと、より注意して打点を見る意識が大事ですね。

 

4.軌道を上げてネットミスから減らす

ネットミスやアウトミス、まず減らすべきは「ネットを超えない」ミスです。

軌道をしっかり高くして、調子が悪いときにはロブのような軌道でもOK。

とにかくストロークの調子が悪いときには、軌道を上げる!高い軌道にする、だけで調子が戻るケースもあります。

ネットミスが多いときは、直線的なストロークになり過ぎていませんか?

フォロースルーをしっかり高い位置に確保して、まずはネットしない軌道で打っていきましょう!

 

5.自分の実力を知る

「フォアハンドは、ミスが多くて・・・」と、嘆いている皆さん。

ミスって、何をもってミス、なんでしょうね。

傍から見ていると、それはミスではなくて「その人の実力そのもの」だったりします。

フォアハンドストロークは、強烈なショットを打つ人も多いので、ついセルフイメージを拡張しがち。

もっと謙虚に、自分の実力を知る、考えるところから、「安定感」は身に付いてくるものかも知れません。

 

フォアハンドストローク、試合で急に入らなくなる・・・ことも多いはず。

現場で慌てず、少しでも修正する為のヒントになれば嬉しいです。

簡単なようで難しいし、奥が深い・・・のが、フォアハンドストローク、ですね。

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. テニスでのショットを全て「置きにいってしまう」人は、ココから意識…
  2. 試合で使えるドロップショットを磨くのに必要な意識4つ
  3. 硬式テニスでの、「片手バックハンドストロークと両手バックハンドス…
  4. いつもコーチに「構えが遅い!」と注意されてしまう方へ、4つのお勧…
  5. 「リターンの調子が悪い・・・」ときに、試合の現場で改善出来るアイ…
  6. ストロークを安定させる為に、「打ち終わったときの軸足」を意識して…
  7. カナダの新星シャポバロフ選手の、片手バックハンドはなぜ凄いのか?…
  8. テニスでネットを挟んだ相手と「安定したストロークラリー」をするた…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP