ストローク

硬式テニスでの、「片手バックハンドストロークと両手バックハンドストローク」のメリットとデメリットは?

硬式テニスでの、「片手バックハンドストロークと両手バックハンドストローク」のメリットとデメリットは?

 

両手バックハンドストロークのメリット

両手バックハンドストロークのメリットは、何といってもそのパワー。

両手で打っている分、可動域も狭くて安定感があります。

力が入りにくい高い打点でも、しっかり利き腕では無い方の腕で抑え込むことが出来ますので、女性でも攻撃力を高くキープ出来る。

そして構え直しも早いです。

両手で打っているので、打ち終わってからも両手でラケットを引き寄せて準備が出来る。

また実際に使っている選手が多いので、お手本が多いのも魅力の一つでしょう。

 

両手バックハンドストロークのデメリット

リーチ、つまり届く範囲が短いのはデメリットとしてあります。

両手で握っているので、片手で伸ばしたら届くようなボールでも届かないケースも出てくるでしょう。

また両手で打っている分、「ボールの感触を、感じにくい」という方も多いようです。

モヤっとした感触になってしまうのが嫌、という方は両手よりも片手が向いているかも知れませんね。

 

片手バックハンドストロークのメリット

まず、片手で打っているのであまり疲れない。

両手で打つ半分・・・とまではいかないですが、疲労度はかなり軽減出来ると思います。

また打てる球種にも幅が出来て、スライスやスピンの使い分けも片手のバックハンドの方が上手い選手が多い。

そしてこれは好みですが、見た目は片手バックハンドの方が美しい・・・という方もいますね。

 

片手バックハンドストロークのデメリット

まず、技術的に難しい。

特にスピン系のショットはグリップと打点をしっかり定めないと、力が入り辛く回転がかかりません。

女性の方でも打てなくはないですが、かなり練習が必要でしょう。

そして、高い打点では力が入り辛いのも難点。

また打ち終わってから構え直すのにも、両手が離れた状態で打ち終わるので、かなりの労力がかかってしまいます。

 

今回書かせて頂いたのは、あくまで私自身の所感です。

体格やプレースタイルによって変わってくると思いますので、皆さんのご参考になれば嬉しいです。

バックハンドをどちらにするのか・・・、選ぶのはアナタ自身です!

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. 「リターンの調子が悪い・・・」ときに、試合の現場で改善出来るアイ…
  2. 試合で使えるドロップショットを磨くのに必要な意識4つ
  3. 自分のストロークに「威圧感が足りない・・・」と感じている人に、試…
  4. 自分のフォアハンドストロークをワンランクアップさせたい!人にオス…
  5. テニス初心者の人でも個人練習出来る「ラケッティング」でボール感覚…
  6. ダブルスの並行陣に対抗して、「ショートクロス」を使うときの4つの…
  7. テニスでのショットを全て「置きにいってしまう」人は、ココから意識…
  8. ストロークでラリーが続かない人は、「最初の球出し」がまず難しい・…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP