ストローク

テニスでネットを挟んだ相手と「安定したストロークラリー」をするために、チェックしたい4つのポイント

テニスでネットを挟んだ相手と「安定したストロークラリー」をするために、チェックしたい4つのポイント

 

1.回転の種類

相手のストロークが、どういう回転をボールに与えているのか。

スピン系、スライス系、またはフラット系。

相手の打ち方に応じて、バウンド後の変化が変わるのがテニスのストロークですから、注意して相手の打ち方をチェックしておかないといけない。

色々、見分ける方法はありますが、まずはスピン系なのか、スライス系なのかをしっかり判断出来るようになりましょう。

相手がテイクバックでラケットを構えたときに、ボールを打つラケット面が外側を向いていたらスピン、内側を向いていたらスライス、が基本的な観察ポイントになります。

打ってからではなく、相手が打つ少し前に気付けると反応も早く出来るのでお勧めです。

 

2.打つポジション

ストロークラリーをしていても、相手は前後左右、色々動いて返球してきますよね。

アナタの打ったボールが深くて下がっているポジションからは、恐らく山なりなボールが来やすい。

逆に浅くなってしまったら、こちら側に深く、攻撃的なストロークが来やすいと覚悟して待てるようにしましょう。

自分が打つポジションも大事ですが、相手が打って来るポジションも大事。

特に人は前後に動いて打つときに、ストロークは特徴が出やすいので意識してみて下さい。

 

3.下半身の安定感

相手がストロークを打つときに、態勢充分なのか、それとも「ギリギリ」な感じなのか。

この辺りは、しっかり下半身を観察していれば良い準備と予測が出来るはずです。

しっかり止まって打って来る、ようであればかなり良いストロークが来る。

逆に止まれていない、バタバタと返球しているようなときには、ぽわーんと浅いボールでの返球、が多くなるはずです。

当たり損ない・・・みたいなショットも、相手をよく観察していると何となく雰囲気で察知出来る。

実際の試合では、こういう部分も大事になってきます。

 

4.テイクバックの早さ

試合で強い人は、準備も早い。

テイクバックが早いのか遅いのか・・・は、ラリーの中で意識してチェックしてみると良いでしょう。

テイクバックが遅い人は安定感に欠けますが、「振り遅れ」でナイスショットになってしまうケースもある。

フォアハンドであれば、逆クロスに振り遅れてナイスリターン・・・みたいなことも想定されますので、しっかり頭に入れておきましょう。

準備が遅い相手には、どんどん速いタイミング、ライジングショットなどで攻撃していくと、実際の試合では有効でしょう。

準備、テイクバックが早い相手には・・・「強い相手」と覚悟して、アナタも準備を早くして応戦出来るようにしましょうね。

 

練習でも試合でも、よく相手を観察していると特徴が見えて来る。

そして特徴が見えてくると、良い予測が出来るのでアナタのラリーも安定するはずです。

百人いれば、百通りのストロークのリズム、テンポ、軌道がある。

まずは身近な人のストロークから、打ち方観察してみましょう。

グッとラリーするのが、楽になるはずです。

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. カナダの新星シャポバロフ選手の、片手バックハンドはなぜ凄いのか?…
  2. テニスの試合でリターンを安定させる為に必要な、4つの意識
  3. ストロークの安定に欠かせない、「正しい打点」の要素をしっかり確認…
  4. いつもコーチに「構えが遅い!」と注意されてしまう方へ、4つのお勧…
  5. フォアハンドストロークが安定しないときに、意識してみたいポイント…
  6. 自分のストロークに「威圧感が足りない・・・」と感じている人に、試…
  7. 「高い打点でのストロークが難しい・・・」人が見直したい、4つのポ…
  8. 試合で使えるドロップショットを磨くのに必要な意識4つ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP