ストローク

自分のフォアハンドストロークをワンランクアップさせたい!人にオススメの5つのポイント

自分のフォアハンドストロークをワンランクアップさせたい!人にオススメの5つのポイント

 

1.テイクバックを早く、打点を前に取る

フォアハンドが得意な人は、テニスプレイヤーの中でも多い。

その分、実はバックハンドと違って「安心」してしまう人が多いように思います。

どこかで油断しているから、ボールに合わせてラケットを引いてしまう。

そして振り遅れたり、コントロール出来ないような状態になっている人、たくさんいます。

パワーアップ・・・の前に、自然に相手の力を使って打てるように意識するだけで、キレのあるフォアハンドが打てるようになるでしょう。

 

2.ライジングショットを増やす

ストロークのパワーアップ、と聞くとつい腕っぷしで何とかしようとする人が多いのですが、これは危険な考え方。

スピードは一緒でも、タイミングを早くするだけで相手は「速い!」と感じてくれる、ミスしてくれる可能性が高い。

ライジングショット、つまりボールがバウンドして頂点に届く前に打つ感覚を、ぜひフォアハンドでも養って下さい。

その為には、早くボールの落下点を見極めてテイクバック、スウィングするというタイミングを練習していかないといけません。

ただし、力は抜いてリラックスして・・・。

慣れるとテニス自体に疲れなくなりますし、試合でも有効な技になるのでお勧めです。

 

3.回転量を増やす

スピン系でもスライス系でも、フォアハンドのストロークの回転量をチェックしてみることは大事。

バウンドしてから伸びる、しっかり滑るようなストロークに近付けていくには、何が必要でしょうか?

まずは打点とグリップを要確認。

スピン系をしっかり打ちたい人は、打点を前にして厚いグリップ、速いスウィングスピードが求められます。

腕力が必要、と思われがちですが、むしろ速い準備でしっかり骨盤を意識すると自然にスウィングスピードは上がる。

結果的に回転量がアップして、パワーアップしたストロークになってくれるでしょう。

 

4.打点で10cmボールを押し込むことを意識する

私が実践して上手くいったのは、これ。

どうもフォアハンドでパワーが足りないときには、打点で10cm押し込んでみる意識でラケットを振ってみる。

10cm、地面に水平に動かしてみるだけで、かなりコントロールも良くなるし伸びも出る。

打点が遅れてしまうとアウトする原因になってしまいますので、早く準備してしっかり打点は前に確保すること。

試合の中で攻撃的にいきたいときには、ぜひ試してみて下さい。

 

5.ラケットを長く持つ

意外と盲点なのが、これです。

しっかりラケットを長く持って、小指の下の部分は少しラケットのグリップエンドを包み込むくらいの感じでOK。

少しだけラケットの下を持つ、くらいの方がフォアハンドストロークを自然に振り切れる、遠心力をしっかり使ってラケットを振ることが出来ます。

窮屈なスウィングになっていたり、打点が近いと感じている人は、意識してみて下さい。

しっかりボールから離れることで、フォアハンドは伸びを取り戻してくれるはずです。

 

試合に出るなら、しっかりフォアハンドストロークは武器にしていきたい。

その為には、パワーアップを「上半身の力」に頼らないで成し遂げる、くらいの強い意志が大事です。

リラックスしてラケットを振る、準備を早く意識するだけで、きっとまだまだ、フォアハンドは磨けるはず。

意識して練習してみて下さい!

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. 試合の中で、「ドロップショットを打つとき」に意識したい基本4つ
  2. 男子ダブルスにこそ「ストレートロブ・リターン」が必要な理由4つ
  3. カナダの新星シャポバロフ選手の、片手バックハンドはなぜ凄いのか?…
  4. 「リターンの調子が悪い・・・」ときに、試合の現場で改善出来るアイ…
  5. 錦織選手も得意な「ライジングショット」って、何が普通のストローク…
  6. テニスの試合でリターンを安定させる為に必要な、4つの意識
  7. 自分のストロークに「威圧感が足りない・・・」と感じている人に、試…
  8. いつもコーチに「構えが遅い!」と注意されてしまう方へ、4つのお勧…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP