ストローク

バックハンドのスライスストロークを覚えて、「遅いボール」で攻撃していこう

バックハンドのスライスストローク、打てますか?


ストロークではまずスピン系、のショットを練習したら次はこの「スライス」のストロークを覚えていきたいですね。

試合に出ている方ならその有効性は理解頂けると思いますが、まずスライスの良いところは「遅い」ボールを打てるということ。

自分が戻る時間を稼いだり、遠くのボールを返球するのにスライスは適している。

まず、このスライスショットを打てるようになるにはグリップの確認から。

スピン系のストロークとは、ハッキリ握り方を変えていく必要があります。

よく「ボレーのグリップで・・・」と習う機会も多いと思いますが、まずは自分なりに試してみて、どんどん調整して良いと思います。

私はいつも、ボレーのグリップよりは少し厚め、に握ってフラットに近いスライスショットになるように意識しています。

 

スライスが打てないと、スライスを打たれたときに辛い

「まぁ、ガンガンスピンで打っていくから、スライスは要らないかなー」と思っている方、結構試合で痛い目を見るでしょう。

相手がスライスを使ってくること、は相手が決めること。

スライスを打たれて低いバウンド、打点にさせられたときに、スピンしか手持ち武器が無いと厳しい。

スピン系のショットはラケットダウンから持ち上げる動作が入りますので、低い打点だとそのスペースが無いケースも多いのです。

その点スライスなら、上から入ってボールの横を打つ、サイドスライスのような打ち方も出来る。

ボレーの感覚で合わせて返球、という対応もやりやすい。

覚えておいて、絶対に損は無いですよ。

 

バックハンドスライスは、そんなに難しくない!

女性の方はまず両手、男性なら片手で打ってみましょう。

ポイントは、しっかりラケットを顔の横くらい、上にセットして上から打点に入ること。

最初はフレームに当たってもOK、上手く前に飛んでくれるラケット面を自分で探す感覚で大丈夫です。

ボールが当たったら、ゆっくり前にラケットを出しながら打ったラケット面が上を向いていく。

打った後に上を向いていく、のが伸びのあるスライスのコツです。

最初から上向きを作ると、ボールの下をこするだけのスライスになってしまいますので・・・ぜひ、試してみて下さい。

 

試合で「遅いボール」を使えると、大活躍。

ロブにドロップショットに、粘るときの時間稼ぎに・・・スライスショットをバックハンドで打てると、テニスの幅が拡がります。

「あんまり、打ってなかったなぁ」という人は、ぜひこの機会にまた練習してみて下さい。

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. 「高い打点でのストロークが難しい・・・」人が見直したい、4つのポ…
  2. テニスの試合でリターンを安定させる為に必要な、4つの意識
  3. テニス初心者の人でも個人練習出来る「ラケッティング」でボール感覚…
  4. 自分のフォアハンドストロークをワンランクアップさせたい!人にオス…
  5. 「リターンの調子が悪い・・・」ときに、試合の現場で改善出来るアイ…
  6. ストロークを安定させる為に、「打ち終わったときの軸足」を意識して…
  7. テニスでネットを挟んだ相手と「安定したストロークラリー」をするた…
  8. 自分のストロークに「威圧感が足りない・・・」と感じている人に、試…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP