ストローク

テニスの試合でリターンを安定させる為に必要な、4つの意識

テニスの試合でリターンを安定させる為に必要な、4つの意識

 

1.ベースライン上を基本に立つ

相手のサーブが速い、遅いはあると思いますが、まず基本はベースライン上くらいの位置に立ちましょう。

横の位置は、シングルスのサイドラインに外側の足がかかるくらい。

このポジションを基本に、相手のサーブの傾向を見ながら調整していくと良いでしょう。

相手のサーブ、必ず得意なコースがあるはず。

全てのコースに良いサーブが打てる相手だと厳しいですが、そんな相手はそうそういない。

と思ってポジションを調整しましょう。

 

2.前に踏み込みながら打つ

サーブを打ってくる相手に対して、待っているとリターンって差し込まれる。

自分から前に踏み込んで打つ、くらいの意識が大事。

速いサーブだと厳しい?

むしろ、速いサーブほどボールに向かっていくような意識で打てるとリターンは有効。

サーブがバウンドする地点に向かって、自分から近付いていくような意識でチャレンジしてみて下さい。

 

3.相手のサーブを打つ瞬間のラケットを観る

意外と意識している人が少ないですが、サーブは相手のラケットから飛んで来る。

そのラケット面をしっかり観るだけで、実はリターンは返球出来るようになることが多いのです。

「ボールは必ず、そこから飛んで来る」と分かっていれば、ちょっと精神的に楽になる。

どんな速いサーブも、漠然と待つのではなく視点のポイントを決めてリターン出来るようにしましょう。

 

4.打点を高い位置に取れるようにする

サーブは速い?深い?

でも、意外と苦戦するのが「浅いサーブ」のはず。

浅いサーブは打点が低くなるので、遅くても打ち辛い。

ミックスダブルスで、女性サーブに男性が苦戦するような風景、よく観る機会ありませんか?

だったらどんどんポジションを前にしていきましょう。

特にセカンドサーブでは、自分からポジションを前にしていくことが大事です。

 

リターンは、技術よりも打つ前の工夫が大事。

ポジションや視点、相手に応じてどんどん変えていくことが試合での安定感につながります。

緊張した場面でも、きっとリターン安定させることが出来るはずです。

ぜひ試合で、試してみて下さいね。

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. 杉田選手の得意ショット、「ライジングショットで逆クロス」のフォア…
  2. 男子ダブルスにこそ「ストレートロブ・リターン」が必要な理由4つ
  3. ダブルスの並行陣に対抗して、「ショートクロス」を使うときの4つの…
  4. バックハンドのスライスストロークを覚えて、「遅いボール」で攻撃し…
  5. 「リターンの調子が悪い・・・」ときに、試合の現場で改善出来るアイ…
  6. テニスでのショットを全て「置きにいってしまう」人は、ココから意識…
  7. テニスでネットを挟んだ相手と「安定したストロークラリー」をするた…
  8. 硬式テニスでの、「片手バックハンドストロークと両手バックハンドス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP