ストローク

錦織選手も得意な「ライジングショット」って、何が普通のストロークと違うの?

錦織選手も得意な「ライジングショット」って、何が普通のストロークと違うの?

 

ボールがバウンドして、頂点に到達する前に打つ!

ライジングショットの大きな特徴は、ボールがバウンドして「頂点に届く前」に打ってしまうショット。

通常のテニスのストロークは、ボールがバウンドして上に上がり、また落ちてきたところくらいで打つのが通常。

ライジングショットはかなり、タイミングが早いショット、ということになりますね。

「ライジング」という言葉はそのまま「上昇」という意味があり、まさにボールが上がって来る途中を打つようなイメージ。

技術的には難しいショットですが、実は相手の力を利用して打てるので非常に効率的なショット、なんです。

 

錦織選手の勝てる秘訣は、「相手の時間を奪う」点にある

ライジングショットが得意な錦織選手は、相手から時間を奪う。

タイミング速く相手コートに返球が可能なので、相手選手は「戻る時間」が無い。

テニスの試合では広いコートをカバーしないといけない、その為に動き回っていかないといけないのです。

ショットのスピードの速さはもちろん、錦織選手は相手に余裕を与えないプレーをライジングショットを通じて実行しているから強いんですね。

 

難しいショットだけど、コツを掴めば誰でも打てるのがライジングショット

テニスをやっている選手からすると、「打ってみたいけどライジングショットは難しい・・・」と考えている方多いでしょう。

私がお伝えしたいコツはたった一つ、それは「速く準備して、速くラケットを振り出してしまう」ということ。

ボールがバウンドする前に、もう下半身を固めてラケットを前に振り出してしまう。

この勇気があれば、ライジングショットは8割が完成したようなもの。

ちょっとタイミングがずれるとミスしてしまうライジングショットですが、身に付ければ大きなアナタの武器になる。

ぜひ、トライしてみて下さい!

 

テニスを長く続けたいなら、実はこのライジングショットはぜひ身に付けて欲しい技術。

相手の力を利用出来ますし、ポジションを前に出来るのでドロップショットなどで攻撃されるときに前のスペース、もカバー出来る。

ライジングショット、の特徴とコツを理解してぜひ、チャレンジしてみて下さい!

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. 試合で使えるドロップショットを磨くのに必要な意識4つ
  2. テニスでネットを挟んだ相手と「安定したストロークラリー」をするた…
  3. ストロークを安定させる為に、「打ち終わったときの軸足」を意識して…
  4. テニスでのショットを全て「置きにいってしまう」人は、ココから意識…
  5. 試合の中で、「ドロップショットを打つとき」に意識したい基本4つ
  6. いつもコーチに「構えが遅い!」と注意されてしまう方へ、4つのお勧…
  7. フォアハンドストロークが安定しないときに、意識してみたいポイント…
  8. 「リターンの調子が悪い・・・」ときに、試合の現場で改善出来るアイ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP