ストローク

ストロークでラリーが続かない人は、「最初の球出し」がまず難しい・・・その理由について

ストロークでラリーが続かない人は、「最初の球出し」がまず難しい・・・その理由について

 

テニスのストローク練習はラリー中心

皆さんも、経験あるんじゃないでしょうか?

テニスはラリー形式、相手と実際に打ち合う練習が多く、それが楽しみでもある。

ですが・・・最初の球出し、打ち始めるボールは自分でトスをして、自分で打たないといけない。

しかも、相手が打ちやすいところに。

これに慣れるまで、実はかなりの時間と労力がかかってしまうのです。

 

球出しを加減しようと思うと、難しい

「相手に打ちやすいように・・・」と思うと、ちょっと弱くなる。

かといって強く打つと直線的になって速くなり、相手が打ち返すのが難しくなる。

この悪循環に陥ってしまうと、「テニス楽しくない・・・難しい・・・」となってしまうのです。

ですが、安心して下さい。

これを改善出来る方法は、絶対にあります。

 

具体的な方法は、「ワンバウンド」「球出し役」の2つ!

ラリー練習の最初の球出しが難しい方に、提案したい方法は2つあります。

一つは、一度ボールをワンバウンドさせて打ってみる、これだけです。

ノーバウンドで打つ球出しは、実は打点も定まりにくいしそもそもトスをしっかり安定させるのも難しい。

上に上げたボールを、一度下に落として打ってみると意外と楽に相手に送れます。

もう一つの方法は、サークルや部活で交代で「球出し役」を作ってしまうこと。

球出し役は球出しに専念出来るので、慣れて軌道が安定しやすい。

ラリーしている選手はプレーに集中できますし、時間も効率的に使えてオススメです。

 

ラリー練習が出来るようになると、テニスは楽しい。

ここまでもっていくのに、辞めていく・・・のは本当にもったいないと思います。

球出しで練習、のときのアイデアとしてぜひ、活用してみてください。

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. 硬式テニスでの、「片手バックハンドストロークと両手バックハンドス…
  2. テニス初心者の人でも個人練習出来る「ラケッティング」でボール感覚…
  3. 自分のストロークに「威圧感が足りない・・・」と感じている人に、試…
  4. テニスの試合でリターンを安定させる為に必要な、4つの意識
  5. 男子ダブルスにこそ「ストレートロブ・リターン」が必要な理由4つ
  6. 「高い打点でのストロークが難しい・・・」人が見直したい、4つのポ…
  7. フォアハンドストロークが安定しないときに、意識してみたいポイント…
  8. 杉田選手の得意ショット、「ライジングショットで逆クロス」のフォア…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP