ストローク

男子ダブルスにこそ「ストレートロブ・リターン」が必要な理由4つ

男子ダブルスで試合に出ている皆さん、上手くリターンで「ロブ」使えてますか?

何だか女子みたいでダサい・・・と敬遠してると、本当に痛い目に遭います。

今回は、改めてリターンでなぜストレートロブが必要なのか?について、焦点を当ててみたいと思います。

 

男子ダブルスにこそ「ストレートロブ・リターン」が必要な理由4つ

 

1.ファーストボレーに集中させない

強い男子ダブルスは、安定した並行陣、サーブ&ボレーの技術があります。

テンポ良く決められては、ブレイクの糸口も無い・・・ですよね。

この調子を崩していくのに、ストレートロブは最適。

沈めるボール、にこのストレートロブが加わるだけで、相手のサーブ&ボレーヤーはかなり嫌なはず。

ロブを見せ球に、いつもの沈めるクロス方向へのストロークがより有効になるはずです。

 

2.相手にバックボレーでカバーさせる

右利きの方であれば、デュースサイドでサーブのときに後衛のカバーは「バックボレー」になります。

これは、意外と見落とされがちですがリターン側が付け込んでいける「穴」になります。

私はいつも、右利きのサーバーであればデュースサイドリターンで、必ずロブを打ってバックボレー、を打たせる。

逆のアドバンテージサイドは、フォアハンドボレーでのカバーになるので反撃されやすいんですけどね。

バックボレーをコート後方で打たせれば、自然とアナタ側のペアに優勢なポイントになっていくでしょう!

 

3.動いて来る前衛をかわせる

相手前衛が、どんどんポーチに動いて来る。

「まずい!ストレートアタックだ!」と思ってつい、力んでしまいませんか?

これは相手の思うツボ。

だからこそ、リターンでストレートロブ、が打てるとポーチを安全にかわすことが出来ます。

相手前衛も、リターンでロブが多い相手だとポーチに動き気すら失せていきますよね。

ストレートアタックを安全に・・・は、ロブが一番です。

 

4.相手ペアの前への推進力を下げる

一番は、これでしょう。

とにかく男子ダブルス、若い学生ペアなんかはどんどん前、に来ますからね。

その前への推進力を下げる、後ろでプレーさせるにはロブが必要。

特に前衛を下げさせる、と思えば、全然触られて良いんですよね。

エースにならなくて全然OK、ロブは相手を「後ろに下げる」為のショットですから。

落ち着いて1本、試合の序盤で打っておくだけで、相手の印象はガラッと変わりますよ。

 

試合の序盤、なるべく早い段階で1本、ストレートロブのリターンを打っておく。

これだけで、男子ダブルスもすごく戦術の幅が拡がります。

相手も、色々考えてくれる。

そうなると通常のクロスプレーがより活きますからね。

ぜひ、試してみて下さい!

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. テニスでネットを挟んだ相手と「安定したストロークラリー」をするた…
  2. 試合の中で、「ドロップショットを打つとき」に意識したい基本4つ
  3. 自分のストロークに「威圧感が足りない・・・」と感じている人に、試…
  4. ストロークでラリーが続かない人は、「最初の球出し」がまず難しい・…
  5. 試合で使えるドロップショットを磨くのに必要な意識4つ
  6. 杉田選手の得意ショット、「ライジングショットで逆クロス」のフォア…
  7. バックハンドのスライスストロークを覚えて、「遅いボール」で攻撃し…
  8. フォアハンドストロークが安定しないときに、意識してみたいポイント…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP