ストローク

ダブルスの並行陣に対抗して、「ショートクロス」を使うときの4つのポイント

ダブルスの試合、上のレベルになると並行陣が増えますよね。

サーブ&ボレーでネットに詰める、リターンダッシュから並行陣、という形が増えてくるときに、有効に使いたいのがショートクロス。

短いクロスのストロークで相手を動かすことが出来れば、試合も戦いやすくなります。

今回はポイントを整理して考えてみましょう。

 

ダブルスの並行陣に対抗して、「ショートクロス」を使うときの4つのポイント

 

1.基本は相手に「触らせる」

ショートクロス、試合慣れしていない人はすぐにサイドアウトしてしまう。

これは、「相手に触られないように、抜いてやろう!」と思うから。

そもそもテニスのネットは両端にいくほど高いし、サイドラインも近い。

そこに速く低いショット、ショートクロスを打ってもリスクが高まるだけ。

むしろ遅く、軌道の高いショットで相手に「触らせる」ことを意識しましょう。

 

2.相手に触らせたら、「ロブ」と組み合わせる

ショートクロスは相手を動かすショット。

その一発では完成しないし、ポイントを獲るのも難しいのが実際の試合。

だからこそ、ロブを上手く混ぜましょう。

同じフォームでショートクロス、ロブを使えるようになれば、強い相手ほど警戒してくれるし並行陣を敷きにくくなる。

ショートクロスで触らせて、その次はロブ・・・という感じで、並行陣の後衛の選手を振り回すのが効果的な攻撃になるはずです。

 

3.ラケット面でコントロール、が基本

ショートクロスが、アナタの「特別なショット」になっていると、試合では使えない。

いつもの打ち方で、打点とラケット面を少し変えるだけでショートクロスになる、ように練習しましょう。

よく試合で観るのが、「置きにいくようなスウィング」でショートクロスとバレバレの打ち方。

これだと安定感も無いですし、身体が開いた時点で相手にもバレる。

コツは打点を少し身体の近め、斜め前で捕らえるイメージで振り抜くこと、です。

 

4.振り抜くからこそ、安定するのがショートクロス

先ほども少し触れましたが、振り抜いてこそ安定するのがショートクロス。

スライスでもスピンでも、回転量をしっかりボールに与えて、変化させるイメージを持ちましょう。

縦にボールを変化するイメージがあれば、軌道を高く安定することが出来る。

軌道が高い、しかも回転がかかって速度が遅いショートクロスは、試合で大活躍です!

 

なかなか、試合でショートクロスを使うのは勇気が要りますよね。

出来れば、自分がリードしている場面、に意識して使えると良いでしょう。

その成功体験が、きっとアナタのダブルスを強くしてくれるはずです。

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. 自分のフォアハンドストロークをワンランクアップさせたい!人にオス…
  2. テニス初心者の人でも個人練習出来る「ラケッティング」でボール感覚…
  3. カナダの新星シャポバロフ選手の、片手バックハンドはなぜ凄いのか?…
  4. 硬式テニスでの、「片手バックハンドストロークと両手バックハンドス…
  5. 試合の中で、「ドロップショットを打つとき」に意識したい基本4つ
  6. 「高い打点でのストロークが難しい・・・」人が見直したい、4つのポ…
  7. 錦織選手も得意な「ライジングショット」って、何が普通のストローク…
  8. 「リターンの調子が悪い・・・」ときに、試合の現場で改善出来るアイ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP