ストローク

試合で使えるドロップショットを磨くのに必要な意識4つ

スロトークで深いボールを打った後に、スッ・・・と時間が止まったようなドロップショット、打ちたいですよね。

今回は、あくまで実戦で使えるドロップショット、に必要な意識を考えてみたいと思います。

「難しそうだから、試合で使うなんて無理・・・」と思っている方も、発想を変えていきましょう!

 

試合で使えるドロップショットを磨くのに必要な意識4つ

 

1.甘くなっても全然OK

もし、アナタがその前のボールを深く打てているなら、ドロップショットは甘くても良い。

相手に触らせる、ポジションを前に引っ張り出すことが出来れば大成功!の意識で良いでしょう。

精度の高い、ノータッチでノットアップ、みたいなドロップショットはそれだけ失敗する確率も高い。

まずは試合の中で打ってみる、意識が大事です。

 

2.序盤に使うと効果的

試合は中盤、後半にも、実は前半にやられたことを「意識してしまう」モノ。

だからこそ、ドロップショットを試合の序盤に使っておくと、ずっと「何かを仕掛けてくる選手」という印象を持ってくれるでしょう。

そうなると、深いボール、ストロークも今まで以上に効果的になる。

奇襲的なテニスは、序盤に見せておくことが大事です。

 

3.ドロップショットは前後の動きこそ大事

ショットの精度、よりも私はこの前後の動きの方が大事だと思います。

しっかり深いショット、を打つのと同じフォーム、テイクバックで「前」を演出する。

そして打った後にはしっかり自分のコートの「前」をケアして、「ドロップショットで切り返される」のを準備しましょう。

どんなに精度の高いドロップショットでも、前後の動きが隙だらけだと・・・きっと試合では失点してしまう。

この危機感、意識は大事です。

 

4.相手をおちょくってみる遊び心を持つ

テニスは、突き詰めたところで遊び、ボールゲームです。

相手を動かして、出し抜いてみる、仕掛けていく・・・という意識があれば、きっと試合でも有効にドロップショットを打てるはず。

実力差がある、格上相手だとちょっと打ち辛い・・・ような気持ち、ありませんか?

でもその相手と、後ろのストローク戦だけで応戦出来るでしょうか。

きっとドロップショットを混ぜて見せておく、方が効果的だと思いますよ。

 

一度試合で使ってみると、その有効性に気付くはずです。

シングルスでもダブルスでも、打てば世界が変わるし相手からの見られ方も変わる。

試合で使うのに、必要なのってちょっとした意識と発想の転換。

誰でも出来る、と思いますよ。

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. ダブルスの並行陣に対抗して、「ショートクロス」を使うときの4つの…
  2. カナダの新星シャポバロフ選手の、片手バックハンドはなぜ凄いのか?…
  3. 硬式テニスでの、「片手バックハンドストロークと両手バックハンドス…
  4. 錦織選手も得意な「ライジングショット」って、何が普通のストローク…
  5. 「高い打点でのストロークが難しい・・・」人が見直したい、4つのポ…
  6. フォアハンドストロークが安定しないときに、意識してみたいポイント…
  7. 杉田選手の得意ショット、「ライジングショットで逆クロス」のフォア…
  8. テニスでネットを挟んだ相手と「安定したストロークラリー」をするた…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP