サーブ

試合で使えるスライスサーブを身に付けたい方に、押さえておきたい4つのコツ

試合の中で、勝敗の分かれ目になりがちなのは、やっぱりサーブ。

それも、強烈なファーストサーブを持っている選手・・・というよりは、しっかりと回転系のサーブでコースを突いていける人、が強いですよね。

今回は、改めて初心者の方から上級者の方まで、幅広い人が使うスライスサーブ、について考えてみましょう。

 

試合で使えるスライスサーブを身に付けたい方に、押さえておきたい4つのコツ

 

1.打点は少し低めでOK

フラットサーブやスピンサーブを打てる方であれば、少しスライスサーブの打点は低くても良い。

低い方がしっかりボールの横を触って回転をかけることが出来ますし、軌道も安定するはず。

腕とラケットを上に上げるのが厳しい方、ご年配の方でも打ちやすいのがスライスサーブのメリットでもあります。

打点は低くても、しっかりラケットは振り切ってボールの「横」を打って回転をかけることを意識しましょう。

右利きの方であれば、しっかりボールの右半分を打って横回転、が基本です。

 

2.曲がり方をイメージしてネットの上にターゲットをおく

ターゲット、狙いはネットの上に設定しましょう。

サーブの基本ですが、スライスサーブは「どれくらい曲がるか」も逆算して設定しておくとコントロールが良くなります。

どれくらい曲がるかは人それぞれ、ですので、自分が打ってバウンドするまでの軌道をしっかりイメージして、ネットの上に狙う自分の場所を作りましょう。

試合で緊張した場面でも、しっかり回転をかけて「あそこを通せば大丈夫!」と思えるように、練習しておきましょうね・

 

3.スライスサーブも縦に変化する

スピンサーブだけ・・・と思われがちですが、スライスサーブも縦方向に変化してくれます。

ですのでしっかり振り切れば、サービスライン手前で失速して、サービスエリアに収まってくれるはず。

ネットの高い位置、1メートルくらいは上を狙っても良いでしょう。

上から押さえつけるようなスライスサーブは、ほとんど試合で入らないはずです。

 

4.コートをしっかりキック!してみよう

スライスサーブは、とにかく上半身の力で「えいっ!」と打ってしまいがち。

それでは、試合で必要なバウンド後の切れや勢い、に限界があります。

しっかりコートを足の裏でキック、して地面から力をもらうイメージで、スライスサーブも打ってみましょう。

右利きの方であれば、軸足となる左足に力を溜めて軽くジャンプ!のイメージ、実践してみて下さい。

コントロール性も威力も、安定感もアップするはずです。

 

スライスサーブは、どんなレベル、競技の人でも一つ持っておくと便利。

試合だと、結構フォアハンド側のリターンを空けてまっている人、多いですからね・・・。

エース級、ではなくても打てると便利、なのがスライスサーブです。

ぜひ、意識して練習してみて下さいね。

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. テニス サーブ サーブが安定しない人は、「軸足とラケットのライン」を意識してみる…
  2. テニスの試合で必要な「サーブを覚える」為に、まずは基本用語から確…
  3. 「サーブを打つのが苦手な人」がまず意識したい4つのポイント
  4. テニス サーブ テニスの試合、大事な場面でダブルフォルトしやすい人の特徴4つ
  5. 女性でも楽に打てる「スライスサーブ」を身に付けて試合で使っていこ…
  6. サーブ 「試合になるとサーブが入らない・・・」人がチェックしたい、サーブ…
  7. 「試合で使えるセカンドサーブ」ってどんなサーブだろう?
  8. 左利きのサーブがリターン出来ない・・・人にオススメの作戦4つ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP