サーブ

テニスの試合、大事な場面でダブルフォルトしやすい人の特徴4つ

何となく、「あぁ・・・ここでダブってくれないかな・・・」と、淡い期待を抱いてしまう。

試合中、皆さんも考えた経験ありますよね?

そんな大事な場面では、きっとサーバー本人が一番プレッシャーに感じているはず。

そして、期待通りのダブルフォルトをしてしまう・・・人って、どんな特徴があるんでしょうか?

 

テニスの試合、大事な場面でダブルフォルトしやすい人の特徴4つ

 

1.作戦が決まっていない

サーブを打った後に、自分がどうしたいのか、どう攻撃していくのか。

この結論が、意外と出ていない選手が多いのがテニス。

そんな選手は、きっとサーブに集中力を欠いてダブルフォルトをしてしまいがち。

ダブルスの試合でも、ペア同士の声掛けが少ないペアって、ダブルフォルトも多い。

少なくともリターンからのボールをどう展開していくか、まではしっかり決めてサーブのモーションに入るようにしましょう。

 

2.ファーストとセカンドのスウィングスピードの差が激しい

ファーストサーブとセカンドサーブ、をどう変えていけるのか。

この差が小さいほど、ダブルフォルトはし辛いし、する雰囲気を出さないで済む。

ファーストサーブはドカンと打って、セカンドサーブを入れにいく・・・人って、入れにいくようでダブっているケースが多い。

少なくとも、ラケットを振る速度、スウィングスピードはあまり差が無いように調整しておくことをオススメします。

グリップや打点は変えても、しっかりラケットを振っていくこと、その速度を変えなければ安定感は増すはずです。

 

3.不安で打った打球を早く観てしまう

自分が打ったサーブ、入るのかどうか・・・早く見たい!

と考えていると、自然に身体は突っ込むし打点に顔が残らない。

そもそも、打っている時点でボールを見ているのかどうかも、怪しい・・・ような選手は、自然とダブルフォルトも増える。

確かに打ったボールは気になりますが、まずは良いサーブを打つことだけに集中しましょう。

良いサーブさえ打てていれば、不安になる必要など無いのですから。

 

4.ダブって良い理由をすぐに考えだす

「ダブっても、次取れば良いか・・・」

「どうせセカンド入っても、叩かれるだけだしな・・・」

と、勝手に自分がダブっても良い理由を考え出す人は、大抵それが現実になる。

大事なポイントではどうしても不安になり、逃げたくなる気持ちにもなりますが、そこはテニス選手として乗り越えるべきところ。

ダブって良い理由なんて、一つも無いはずです。

 

ダブルフォルトは、する人はするし、しない人はしない。

もちろん0には出来ないですが、ダブる雰囲気が無い人は実際にいますよね。

イメージしてみて下さい。

大事なポイント、でダブルフォルトをしない雰囲気、持てそうですか・・・?

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. ハードコートで効果的な、「バウンド後に弾んでキックする」サーブを…
  2. 意外と見落とされがちな「サーブを打つ時の足の動作」について
  3. テニス サーブ サーブが安定しない人は、「軸足とラケットのライン」を意識してみる…
  4. サーブ ダブルスの試合では、レベルが高い相手ほどセンターからセンターへの…
  5. 左利きのサーブがリターン出来ない・・・人にオススメの作戦4つ
  6. サーブの安定に欠かせない「トスアップのときのボールの持ち方」の基…
  7. ダブルス テニスの試合で使えるサーブを安定させるには、「下半身でコートをキ…
  8. 女性でも楽に打てる「スライスサーブ」を身に付けて試合で使っていこ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP