サーブ

ダブルスの試合で、「サービスキープが出来るゲーム運び」が出来るようになる5つのポイント

読者の中には、ダブルスの試合に出場している方も多いと思います。

試合ではペアとしっかり、リズム良くサービスゲームをキープしていきたい・・・ですよね。

ダブルスにはダブルスなりの、「サービスゲームキープのコツ」があると思います。

一般的なことからちょっとした裏技まで、サービスキープに悩んでいるペアの皆さんのヒントになればと思いますので、ポイントをまとめてみました。

 

ダブルスの試合で、「サービスキープが出来るゲーム運び」が出来るようになる5つのポイント

 

1.サーブだけの力に頼らない

サーブって、どうしてもその日の調子に左右されがち。

調子が良いときにはキープ出来るけど、出来ないとキープが難しい・・・ようなダブルス選手は、厳しいですよね。

では、サービス力に頼らないで何が出来るのか?

前衛の動きや、雁行陣と並行陣の使い分け、ファーストサーブを捨ててセカンドサーブを2回打つ、というのも有りでしょう。

試合前から、「サーブが絶好調な自分」だけを想定するのは危険・・・です。

 

2.サービスゲームは、前衛が主役!

サービスゲーム、をキープ出来ないのはサーバーの責任?

いえ、私はむしろ「前衛」の責任も大きいと思っています。

ファーストサーブが入ったらもちろん、セカンドサーブでもどんどんポーチに出て相手リターンにプレッシャーをかけていく。

「だって、サーブが弱いから出れないよ・・・」と思う方も、多いでしょう。

ですが、「サーブの力が弱いからこそ」ポーチの動き、助けが必要だと思いませんか?

クロスに気持ち良くリターンされては、パートナーのサーバーがどんどん苦しくなるだけ。

そこを防ぐのは、前衛の役割であり責任です。

 

3.相手リターンを迷わせる陣形を敷く

ダブルスは大きく分けると、雁行陣と並行陣、の2種類。

私は、どちらも出来るようにしておいて「出し分ける」ことをお勧めします。

雁行陣しか出来ないダブルスペアは、ポワーンと浮いたクロスリターンでサーブをつながれるし、並行陣しかプレー出来ないと「リターンを沈めるのがめちゃくちゃ上手い相手」と戦うときに辛い。

リターンを沈めるのが上手い相手、も雁行陣で対抗出来ればそれは「ただの浅いリターン」になる。

対戦相手も、前に出て来たり、急にステイしたり・・・という相手はやり辛いはず。

サービスゲームでは、自分たちから陣形を操作する意識を強く持つとキープにつながりやすいでしょう!

 

4.「センター&ポーチ」は徹底的に練習しておく

どんなレベルの方、男性でも女性でもミックスダブルスでも、この鉄板パターンは練習しておきましょう。

サーブをセンターに入れて、前衛がポーチに動く。

サーブは遅くてもOK、前衛は相手リターンの選手がボールに触る前に、なるべくセンターストラップの近くまで動く。

ストレートに打たれても、アレーは捨てる、くらいの感覚でプレッシャーをかけていきましょう。

しっかりポイント前に打ち合わせをして、試合の序盤で繰り出しておくことをオススメします。

 

5.ファーストサーブを7割の確率で入れる

最後のコツは、シンプルに。

とにかく・・・ファーストサーブを入れましょう!7割以上の確率で。

理由は、「前衛を活かして、リターン側にプレッシャーをかける」為。

ダブルスはコート上に2人いますから、なかなか簡単には決まらない。

だからこそ、ダブルフォルトのような失点がもったいないんです。

ファーストサーブをリズム良く入れて、その次の展開で勝負していく、ペアの両方が「ボールを触る」ようなポイントを増やしていく。

そうすれば、自然と楽にサービスゲームはキープ出来ていくでしょう。

 

「いやいや、実力が無いから全部難しい・・・」と思っている方、まずはやってみましょう。

やって出来ない、ことがあっても、対戦相手にプレッシャーはかけられる。

「そんなに上手そうに見えないけど、何か仕掛けて来そうなペアだな・・・」と思わせることが出来れば、それで成功!

ダブルスの試合のサービスゲーム、事前の準備と意識でどんどん良くなるはずです。

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. 「試合で使えるセカンドサーブ」ってどんなサーブだろう?
  2. 「サーブを打つのが苦手な人」がまず意識したい4つのポイント
  3. 女性でも楽に打てる「スライスサーブ」を身に付けて試合で使っていこ…
  4. ダブルス テニスの試合で使えるサーブを安定させるには、「下半身でコートをキ…
  5. テニス サーブ サーブが安定しない人は、「軸足とラケットのライン」を意識してみる…
  6. 左利きのサーブがリターン出来ない・・・人にオススメの作戦4つ
  7. サーブの安定に欠かせない「トスアップのときのボールの持ち方」の基…
  8. ハードコートで効果的な、「バウンド後に弾んでキックする」サーブを…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP