サーブ

ハードコートで効果的な、「バウンド後に弾んでキックする」サーブを打つコツは・・・?

ハードコートで効果的な、「バウンド後に弾んでキックする」サーブを打つコツは・・・?

 

実戦で使えるキックサーブは、打たれると本当に厄介・・・

特に男性の方で、キックサーブが打てる方は試合に強い実戦向き。

サーブはスピードも大事かも知れませんが、やっぱりバウンド後にどう変化するのか、勢いを失わないかが試合では大事。

ハードコートではリターンの選手の頭の高さ、くらいに弾ませることも出来る。

本当に厄介ですよね。。

バウンド後にキックするようなサーブ、男性で本格派なプレイヤーしか打てない・・・と思っていませんか?

確かに、本当に激しくキックするサーブを打つのは難しいにせよ、ちょっとしたコツで「バウンド後に失速しない、今より高く弾むサーブ」は誰でも打てると思います。

 

軌道を高く、コートをキックして打点を前に取ってみる

サーブの基本、とも言えることかも知れませんが、この3つの基本の確認してみましょう。

 

・軌道を高くする

サーブの軌道は、打点から少し上方向に出ていく、山なりな軌道が理想です。

直線的なサーブは確率も悪いし、実戦で使えない。

軌道が高いと、それだけ高い位置からコートに落ちるので、反発して高く弾んでくれるサーブになります。

 

・コートをキックする

サーブを打つ時に、つい上半身に力が入って窮屈な感じ、になっていませんか?

ボールに効率的に力を伝えるには、軽く膝を曲げてコートを足でキック、ジャンプしてみる意識が大事。

プロ選手みたいに飛ばなくても、しっかりコートから力をもらう、それを上方向に伝えていくという感覚を持てれば、自然とボールに良い縦回転がかかっていくはずです。

 

・打点を前にする

意外と見落としがちですが、打点ははっきりコートの内側、前に確保しましょう。

頭の後ろのほうでラケットでボールをこすっても、軽いスピンしかかかりません。

トスアップのときに、コートの内側30cmくらいは前、で打点を確保してそのままコートの内側で着地出来るようになれば、きっと良いキックサーブが打てるはずです。

 

もちろん、コツはたくさん上記以外にもあると思いますが・・・。

結構男性でないと「高く弾むサーブは打てない」と諦めている方、女性の皆さんで多いと思います。

そんなことは無い、です。

しっかりポイントを抑えておけば、まだまだサーブは改善出来るし威力は増す。

ベテランや社会人からテニスを始めた方も、一緒にサーブの改良にチャレンジしていきましょう!

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. 意外と見落とされがちな「サーブを打つ時の足の動作」について
  2. サーブの安定に欠かせない「トスアップのときのボールの持ち方」の基…
  3. 試合で使えるスライスサーブを身に付けたい方に、押さえておきたい4…
  4. サーブ ダブルスの試合では、レベルが高い相手ほどセンターからセンターへの…
  5. 女性でも楽に打てる「スライスサーブ」を身に付けて試合で使っていこ…
  6. 左利きのサーブがリターン出来ない・・・人にオススメの作戦4つ
  7. ダブルスの試合で、「サービスキープが出来るゲーム運び」が出来るよ…
  8. サーブ 「試合になるとサーブが入らない・・・」人がチェックしたい、サーブ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP