サーブ

「サーブを打つのが苦手な人」がまず意識したい4つのポイント

「サーブを打つのが苦手な人」がまず意識したい4つのポイント

 

1.トスアップを安定させよう

サーブを打つ時にボールを上げる、トスアップ。

意外とこの動作、が難しいのがテニス。

安定してボールを上げるには、腕の動作を繰り返し練習して、早くボールを離してしまわないようにしましょう。

 

2.山なりなサーブでOK

サーブにスピードは必要ありません。

男性であればつい、力が入ってしまいますが、そこはしっかり我慢して山なりな軌道にしてみましょう。

初心者の方でも、直線的なサーブにならないようにするだけで、試合に使えるサーブが打てるはずです。

 

3.打つ前にボールを下に突いてみる

プロ選手の試合を観ていて、気付くことはありませんか?

ボールを下に突いてみることで、サーブって実は安定する。

リラックス出来て、トスアップが安定するからです。

 

4.とにかくファーストサーブを入れていこう!

2回打てる、というルールに甘えてはいけません。

1球目のファーストサーブを入れておかないと、2球目のセカンドサーブには大きなプレッシャーがかかる。

ここを意識するだけで、苦手なサーブはだいぶ克服出来るはずです。

 

サーブに苦手意識が生まれるのって、失敗のイメージが大きいから。

出来るだけ1球目のファーストを入れる、入れる為に具体的にチェックするポイントを決めておく。

初心者の方は、まずサーブが入らないと試合に集中出来ませんから、頑張りましょう!

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. サーブ ダブルスの試合では、レベルが高い相手ほどセンターからセンターへの…
  2. テニス サーブ テニスの試合、大事な場面でダブルフォルトしやすい人の特徴4つ
  3. ダブルスの試合で、「サービスキープが出来るゲーム運び」が出来るよ…
  4. テニスの試合で必要な「サーブを覚える」為に、まずは基本用語から確…
  5. テニス サーブ サーブが安定しない人は、「軸足とラケットのライン」を意識してみる…
  6. 意外と見落とされがちな「サーブを打つ時の足の動作」について
  7. 「試合で使えるセカンドサーブ」ってどんなサーブだろう?
  8. 試合で使えるスライスサーブを身に付けたい方に、押さえておきたい4…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP