サーブ

ダブルスの試合では、レベルが高い相手ほどセンターからセンターへのサーブが増えます

ダブルスの試合では、レベルが高い相手ほどセンターからセンターへのサーブが増えます

 

ダブルスの試合、サーブを打つ位置は・・・?

皆さん、どうでしょうか?

ダブルスはコートが広いので、ついコートの端側からサーブを打ちがち、ですよね。

基本はそう習った方も多いと思います。

ですが、レベルが高い試合やプロ選手の試合を観てみると、どうでしょう?

意外とセンターに近い位置からサーブを打つペア、選手、多いと思いませんか?

そんなにシングルスと、変わらないような・・・。

これにはやっぱり、センターセオリーが背景にあるんだと思います。

 

センターからセンターへ、のサーブがダブルスの基本

試合に出ている方なら、「あー!」と思って頂けるかも知れませんが、ダブルスの試合はセンターへのサーブが多い。

特に拮抗したポイントや、サーバー側が確実にポイントを取りたい場面では、センターへのサーブと前衛のプレッシャー、のコンビネーションが基本ですよね。

その為には、やっぱりセンターからサーブを打った方が楽だし安定する。

「ワイドに厳しいリターンが来たら・・・?」ということも考えられますが、センターからワイドに厳しいリターンは基本少ない。

センターへのサーブって、リターンのコースがすごく限られますからね。

だからこそ、前衛と打ち合わせしておくとすごく有効、な攻撃になります。

 

コートの両端からサーブを打っている人は、もったいないかも

コートの端、シングルスのサイドラインくらいからサーブを打っている方は、ちょっともったいないかも知れません。

なぜなら、その位置からセンターへのサーブって、打てないから。

センター付近にバウンドさせる、ことは出来ても、軌道がもう斜め、になっているのでセンターへのサーブでは無いんですよね。

リターンする選手も、ワイドさえケアしていれば良いので楽。

ワイドへのサーブって、危険ですよ。

ストレートへ打ちやすいし、ワイドへのリターンも角度を付けられる。

上のレベルのダブルスだと、サーバーが自分の首を絞めてしまいますから注意が必要です。

 

今回は、少し実戦的な記事を書かせて頂きました。

意外と、セオリーのように習っていても試合では逆効果なこと、テニスでは多いです。

もちろん、今回ご紹介した内容は一意見、ですのでご参考までに。

皆さんも試合でサービスゲームが楽に進められるようになれば、嬉しいです。

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. ダブルス テニスの試合で使えるサーブを安定させるには、「下半身でコートをキ…
  2. 「サーブを打つのが苦手な人」がまず意識したい4つのポイント
  3. 女性でも楽に打てる「スライスサーブ」を身に付けて試合で使っていこ…
  4. ハードコートで効果的な、「バウンド後に弾んでキックする」サーブを…
  5. 意外と見落とされがちな「サーブを打つ時の足の動作」について
  6. サーブの安定に欠かせない「トスアップのときのボールの持ち方」の基…
  7. テニスの試合で必要な「サーブを覚える」為に、まずは基本用語から確…
  8. 左利きのサーブがリターン出来ない・・・人にオススメの作戦4つ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP