サーブ

サーブが安定しない人は、「軸足とラケットのライン」を意識してみると改善出来る

サーブが安定しない人は、「軸足とラケットのライン」を意識してみると改善出来る

 

サーブの軸足って、どっちだろう?

皆さんはサーブのとき、どっちの足を「軸足」として考えていますか?

一般的に、軸足とは体重がしっかり乗っている足。

色々なサーブの打ち方があると思いますが、普通は右利きの方であれば主に左足、に体重が乗っているはずです。

トスアップをして、右足を寄せて・・・という動作を入れる方も、多いですよね。

まずはこの軸足を意識してみると、サーブってすごく楽になる。

上半身にばかり神経がいっていると、疲れますし安定しないですからね・・・。

しっかり安定感のあるサーブの土台を作る、という意味でも、軸足を意識することは大事です。

 

軸足からラケットまで、一直線に線を通してみる

私が昔もらったアドバイスで効果的だったのが、ラケットと軸足を一直線にすること。

右利きの方であれば、左足、右腕、ラケットが一直線になった瞬間にボールをインパクト出来ると、非常に伸びのある良いサーブになる。

少し打点が前、でも一直線の部分は変わらない。

コートと垂直、よりは少しネットの方向に傾いているくらいがベストでしょう。

 

サーブが乱れるときは、この直線が乱れるとき

試合中にサーブがおかしくなるときは、大抵この直線がおかしくなっている。

曲がっていたり、折れ線みたいになっていたり、というのに自分で気付けると良いと思います。

軸足から上に線を伸ばす。

こういった意識で打てると、下からしっかり力を伝えないと・・・と意識出来ますよね。

軸足でジャンプ、コートをキックする動きを入れてもラケットまで伸びた線はまっすぐ、に出来ると最高!

きっと安定感があって、尚且つ威力もあるサーブが打てるでしょう。

 

サーブこそ、意識は下半身、下半身・・・。

と思っていても、つい試合では上半身で合わせにいってしまいがちですよね。

入るときは良いんですが、でも根本的な解決にはならないはず。

この機会に、ぜひ足元からサーブ、見直してみませんか?

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. テニス サーブ テニスの試合、大事な場面でダブルフォルトしやすい人の特徴4つ
  2. サーブ 「試合になるとサーブが入らない・・・」人がチェックしたい、サーブ…
  3. ハードコートで効果的な、「バウンド後に弾んでキックする」サーブを…
  4. 女性でも楽に打てる「スライスサーブ」を身に付けて試合で使っていこ…
  5. サーブ ダブルスの試合では、レベルが高い相手ほどセンターからセンターへの…
  6. 「サーブを打つのが苦手な人」がまず意識したい4つのポイント
  7. 試合で使えるスライスサーブを身に付けたい方に、押さえておきたい4…
  8. サーブを打った後に前にダッシュする、「サーブ&ボレー」のポイント…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP