サーブ

左利きのサーブがリターン出来ない・・・人にオススメの作戦4つ

左利きのサーブがリターン出来ない・・・人にオススメの作戦4つ

 

1.しっかり前でリターンする

リターンのポジションが後ろだと、特に左利きのサーブをリターンするのは難しい。

スライスサーブが得意な相手が多いので、リーチが短いバックハンドを狙われると厳しいですよね。

しっかり前にポジションを取ることで、相手のサーブが曲がる前に触ることが出来る。

下がれば下がるだけ、「曲がった後」のサーブを打つことになるのでどんどん自分を苦しめていく感じになってしまいます。

 

2.ボールのバウンド地点に近付いていく

これは左利きのサーブ、だけでなくリターンの基本です。

バウンド地点に自分から近付いてリターン出来ると、それだけ返球確率が高まるでしょう。

最初は、ライジングショト気味のリターンになるのでタイミングを合わせるのが難しいはず。

ですが、慣れてくれば「合わせる」だけで速いサーブも返球出来るようになるはず。

初心者の方も、「待って」リターンするのではなく、自分から「踏み込んで」リターン出来るように意識改革していきましょう。

 

3.テイクバックを小さくする

左利きのサーブは、特に右利きの方はバックハンドを狙われやすい。

これは、左利きの方がボールの左側を触ることが出来るので、自然にボールが右側に曲がりやすい、つまり右利きの選手のバックハンド側に曲がりやすいのです。

そう考えると、バックハンドのテイクバックは小さいに限る。

力が出ない分は、先ほど書いたように前に踏み込んでいくこと、ポジションを前にすることで攻撃的な姿勢を補いましょう。

アナタが思っている以上に、バックハンドのテイクバック、後ろに引いているラケットは・・・リターンミスにつながっているはずです。

 

4.「左利き」の苦手意識を捨てる

アナタの周りの人が、必要以上に「左利きのサーブは嫌らしい」みたいなことを吹き込んでいないか。

先入観を持ってしまうと、そこでアナタの成長は止まってしまいがち。

要点を整理すれば、左利きのスライスサーブはバックハンド側に曲がる、くらいなもの。

厳しいコースに打って来る相手であれば、自分のポジションを変えればいい。

思い切って、「左利きのサーブ、大好物!」くらいになる気持ちを持ってみませんか?

きっとそのときには、めちゃくちゃ試合に強くなっていると思いますよ。

 

左利きの選手のサーブは、確かにリターンが難しい。

ですが、それはどこかでアナタが「受け身」になっているから。

リターンの調子が悪いときは、自分がタイミングを「待ってしまっている」ことに気付きましょう。

特に左利きのスライスサーブが得意な選手に、「待ち」の姿勢は危険です。

しっかり強気で、前に踏み込んでいきましょう!

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. 「試合で使えるセカンドサーブ」ってどんなサーブだろう?
  2. サーブの安定に欠かせない「トスアップのときのボールの持ち方」の基…
  3. ハードコートで効果的な、「バウンド後に弾んでキックする」サーブを…
  4. テニス サーブ サーブが安定しない人は、「軸足とラケットのライン」を意識してみる…
  5. テニス サーブ テニスの試合、大事な場面でダブルフォルトしやすい人の特徴4つ
  6. ダブルスの試合で、「サービスキープが出来るゲーム運び」が出来るよ…
  7. 意外と見落とされがちな「サーブを打つ時の足の動作」について
  8. 試合で使えるスライスサーブを身に付けたい方に、押さえておきたい4…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP