サーブ

サーブを打った後に前にダッシュする、「サーブ&ボレー」のポイントを抑えておこう

サーブを打った後に前にダッシュする、「サーブ&ボレー」のポイントを抑えておこう

 

「サーブ&ボレー」って、難しい?

テニスを始めて試合に出るようになると、「サーブ&ボレー」を実践する選手を観る事があると思います。

もしかしたら、アナタも対戦したことがあるかも知れませんね。

ダブルスの試合では、より観る機会が多くなるでしょう。

非常に攻撃的で、且つ「難しそう・・・」なイメージがあるサーブ&ボレーですが、実はポイントを抑えれば誰にでも出来る。

「出来る」というよりは、試合で非常に有効な作戦になるのです。

 

サーブを打った相手が、そのまますぐに前に出てくると・・・どうですか?

サーブを打った後に前でボレーをする・・・なんて、難しそうですよね。

そもそも、ネットから遠い位置でボレーしないといけないし、サーブを打つだけで大変なのに・・・。

でも、ちょっと考えてみると、相手にとってはかなりプレッシャーになるはず。

前に出ている、ということは「フワーっとした簡単なボール」でリターンをしては、叩かれてしまう。

視覚的にも、相手が前に出て来る相手というだけで、結構なプレッシャーになりますよね。

「サーブ&ボレー」の真骨頂は、相手にプレッシャーをかけてミスを誘うこと。

ミスを誘うことで、テニスの試合はすごく楽に戦えるようになるのです。

 

初心者の方ほど、どんどんネットプレーは入れていこう!

サーブ&ボレーのもう一つ、有効な点は「作戦としてハッキリしている」ことだと思います。

テニスのラリーって、なかなか途中から前に出るって難しい。

判断力も問われるし勇気も要る、相手から浅いボールを引き出さないといけない。

でも、サーブ&ボレーだと、サーブを打つ前から決めているので迷いが無い。

前に出ていくタイミング、呼吸、ポジションは自分でコントロール出来ますからね。

ぜひ、初心者の方でもどんどん前、に出て欲しい。

サーブ&ボレーは、決して上級者だけの作戦、では無いのです。

 

トライしていけば、色々と難しいと思う点も出て来ると思います。

どこで止まれば良いのか、どこに打てば良いのか、ファーストボレーを打った後、どうするのか・・・?

ぜひ、練習や試合で使ってみながら、必要性を感じてトレーニングしてみて下さい。

試合で使うだけで、相手にプレッシャーをかけられるサーブ&ボレー。

使えるようになるだけで、グッと試合での作戦の幅が拡がるでしょう。

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. サーブの安定に欠かせない「トスアップのときのボールの持ち方」の基…
  2. 意外と見落とされがちな「サーブを打つ時の足の動作」について
  3. 女性でも楽に打てる「スライスサーブ」を身に付けて試合で使っていこ…
  4. サーブ 「試合になるとサーブが入らない・・・」人がチェックしたい、サーブ…
  5. ダブルスの試合で、「サービスキープが出来るゲーム運び」が出来るよ…
  6. 「サーブを打つのが苦手な人」がまず意識したい4つのポイント
  7. 試合で使えるスライスサーブを身に付けたい方に、押さえておきたい4…
  8. 「試合で使えるセカンドサーブ」ってどんなサーブだろう?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP