サーブ

テニスの試合で使えるサーブを安定させるには、「下半身でコートをキック!」してジャンプしてみよう

テニスの試合で使えるサーブを安定させるには、「下半身でコートをキック!」してジャンプしてみよう

 

試合になると、サーブが入らなくなる人は・・・

ハイ、私自身、そうなんですが・・・。

どうしても、試合になるとサーブを「入れに行く」感じになりますよね。

手先の動きだけで、何とかしようとした結果、益々フォルトしてしまって悪循環になってしまう・・・。

そんな人は、下半身を使うサーブにちょっとずつ変えていきましょう。

「トレーニングが必要そうで、難しそう・・・」と思った方、違います!

むしろ力が無い人ほど、上半身の力に頼らない打ち方を覚えた方が絶対に上達が早い。

学生の方だけでなく、ベテランや高齢の方のテニスにもお勧めな打ち方なんです。

 

■トスアップのタイミングで、軽く膝を曲げて沈み込む

ボールをトスアップする、と同時に少しだけ膝を曲げて腰を落とす。

最初は、軽くでOK。

この曲げた膝の力を使って、コートをキックするようにして10cm飛び上がってみて下さい。

高くジャンプしようとするとバランスが崩れますので、軽く飛ぶ程度でOK。

下からの力をボールに伝えることが出来るので、サーブのときに良い回転がかかってボールが伸びてくれる。

上半身はリラックスして、下半身から伝える力を止めないように意識。

良いタイミングを掴めると、今まで力んで打っていたのがウソのように、楽にボールを飛ばせるはずです。

 

■慣れてきたら、トスアップの位置を少し前にしてみよう

慣れてきたら、少しだけトスアップを前に調整してみる。

「前」とは、コートの内側にボールが落ちるくらい、打つ方向に向かってトスを上げるということ。

そうすることで、前方向にジャンプしてそのままサーブ&ボレー、のようなプレーにもつなげることが出来るようになります。

下半身でコートをキックすると、自然に打点が前になる、という方も多いでしょう。

今までの上半身中心のサーブ、と比べてみてパワーと安定感、両方アップしているはず。

ぜひ、意識して磨いてみて下さい!

 

軽く膝を曲げたり、伸ばしたり・・・をサーブの中に入れていく。

ココに意識を置いておけると、リラックス出来て緊張もしない。

サーブが入らなくなるときって・・・ボールを持つ手やラケットを持つ手に、意識が集中して焦ってはいませんか?

意識はあくまで、足、下半身。

これも一つの、メンタルコントロール、です。

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. 「試合で使えるセカンドサーブ」ってどんなサーブだろう?
  2. テニスの試合で必要な「サーブを覚える」為に、まずは基本用語から確…
  3. 「サーブを打つのが苦手な人」がまず意識したい4つのポイント
  4. 試合で使えるスライスサーブを身に付けたい方に、押さえておきたい4…
  5. テニス サーブ サーブが安定しない人は、「軸足とラケットのライン」を意識してみる…
  6. テニス サーブ テニスの試合、大事な場面でダブルフォルトしやすい人の特徴4つ
  7. サーブ 「試合になるとサーブが入らない・・・」人がチェックしたい、サーブ…
  8. 左利きのサーブがリターン出来ない・・・人にオススメの作戦4つ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP