サーブ

女性でも楽に打てる「スライスサーブ」を身に付けて試合で使っていこう!

女性でも楽に打てる「スライスサーブ」を身に付けて試合で使っていこう!

 

スライスサーブは、テニスの試合で大活躍

スライスサーブ、と聞いて皆さんはどんなイメージでしょうか?

「コントロールが難しそう・・・」

「自分のサーブは、曲がっていない気がする・・・」

という感じで、ちょっと難しい意識がある方多いんじゃないでしょうか。

実は、スライスサーブってサーブの中でも一番力が要らないし、技術的にも難しくない。

しかも横回転しながら縦にも変化してくれるので、サービスエリアに収まりやすいサーブ、なんです。

 

サーブの打点は低くてOKだから、誰でも打ちやすい

ベテランプレイヤーの方や身長が低い女性の方は、まずサーブの打点を高くすることが難しい。

なかなか腕が上がらない、肩を痛めてしまっている方も多いですからね。

そんな方にこそ、スライスサーブはオススメです。

低い打点でも、ボールの横を切るようにして打って、その軌道は山なりでOK。

右利きの方はボールの右側をラケットで打つので、ボールは自然と左側に曲がっていきます。

このボールの変化を予測して、ネット上のどこを狙うのか決めて打ってみましょう。

ポイントは、大きく、山なりに打つこと、です。

 

ボールがバウンドしてからの変化に注目!

実際の試合では、サーブはワンバウンドしてから相手が返球してきます。

ですので、大事なのはバウンド後の変化。

ボールがバウンドして、横に「スススッ」と滑るような感じの変化になると、それは相手にとって打ち辛い、良いサーブ!

速いよりは、少し遅いくらいでもちょうど良い。

横に滑って打点が低くなれば、それだけリターンミスも誘いやすい。

スライスサーブを磨けば、力が無い女性やベテランプレイヤーの方でもリターン側を手玉に取れるのです。

 

ぜひ、スライスサーブにはチャレンジして欲しい。

慣れてきたら、回転量が多くて遅いサーブ、回転量が少なくて少し速めのサーブ、が打ち分けられるようになります。

この緩急、があれば試合でとても使えます!

ダブルスでもシングルスでも大活躍、のサーブを磨いていきましょう。

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. サーブを打った後に前にダッシュする、「サーブ&ボレー」のポイント…
  2. 「サーブを打つのが苦手な人」がまず意識したい4つのポイント
  3. テニス サーブ サーブが安定しない人は、「軸足とラケットのライン」を意識してみる…
  4. テニスの試合で必要な「サーブを覚える」為に、まずは基本用語から確…
  5. 試合で使えるスライスサーブを身に付けたい方に、押さえておきたい4…
  6. サーブ ダブルスの試合では、レベルが高い相手ほどセンターからセンターへの…
  7. サーブ 「試合になるとサーブが入らない・・・」人がチェックしたい、サーブ…
  8. サーブの安定に欠かせない「トスアップのときのボールの持ち方」の基…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP