サーブ

サーブの安定に欠かせない「トスアップのときのボールの持ち方」の基本を確認しておこう

サーブの安定に欠かせない「トスアップのときのボールの持ち方」の基本を確認しておこう

 

トスアップの成功の鍵は、「ボールの持ち方」

サーブのときに自分が打つボールを上にあげる、トスアップ。

この動作、なかなかテニスを始めて間もない方は難しいですよね。

テニスを続けている方の中にも、安定感が無くて悩んでいる方も多いと思います。

大事なポイントは、ボールの持ち方。

強く握るのではなく、やさしくボールを包むようにして、オススメは「中指から小指」にかけてボールをセットしてみる。

親指側だと、どうしても力が入りやすいので・・・。

意外に感じる方も多いでしょうが、ぜひ試してみて下さい。

 

上にあげるときには、コップを持ち上げるように

テニス雑誌でもよくあるアドバイスですが、水の入ったコップを上に持ち上げるようにして腕を上げていく。

そうすると、自然にトスアップのボールの軌道も安定します。

上に「エイッ」と投げるような感じだと、水がこぼれてしまいますよね。

あくまで、優しくスーッと上に、肩を支点に腕を自然に動かしてみましょう。

ボールはその動きにつられて、手から離れていくような感覚がベストです。

投げるのではなく、あくまでセットするイメージ、でやってみましょう。

 

ボールの持ち方は、安定させれば百人力

例えば実際にサーブを打つ時、には当たり損ないもある。

トスアップも風に流されて、乱れてしまうこともあるでしょう。

ですが、「しっかりしたボールの持ち方」を身に付けておけば、そこで間違うことは少なくなる。

ミスを減らす一番の対策、になるはずです。

サーブが苦手な人って、大抵がトスアップからおかしくなっていくケースがほとんど。

トスアップさえ安定させれば、サーブも必ず安定して気持ちよくテニスが出来ると思います。

 

ボールの持ち方、たかがそれだけで・・・?と思う方も多いと思います。

そう、これだけで必ず変わります。

サーブの練習はラケット動作、ばかりになっていませんか?

自宅でも出来るトスアップの持ち方、腕の動作、練習しておいて損は無いはずです。

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. 意外と見落とされがちな「サーブを打つ時の足の動作」について
  2. ダブルスの試合で、「サービスキープが出来るゲーム運び」が出来るよ…
  3. 「サーブを打つのが苦手な人」がまず意識したい4つのポイント
  4. サーブを打った後に前にダッシュする、「サーブ&ボレー」のポイント…
  5. テニス サーブ テニスの試合、大事な場面でダブルフォルトしやすい人の特徴4つ
  6. 左利きのサーブがリターン出来ない・・・人にオススメの作戦4つ
  7. サーブ ダブルスの試合では、レベルが高い相手ほどセンターからセンターへの…
  8. 女性でも楽に打てる「スライスサーブ」を身に付けて試合で使っていこ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP