サーブ

意外と見落とされがちな「サーブを打つ時の足の動作」について


意外と見落とされがちな「サーブを打つ時の足の動作」について

 

■最近の主流は「動かさない」

色々な打ち方があるサーブ。

ですが、下半身の動きは意外と画一化されているように思います。

皆さんはボールをトスアップして・・・足は、どう動かしていますか?

最近の主流は、両足共に動かさないでそのまま打つフォーム。

「力が伝わりにくいんじゃない・・・?」と思った方もいると思いますが、そこは技術でカバーしていきましょう!

 

■「後ろ足を前足に寄せる」形もパワーアップにはオススメ

両足を動かさない選手でも、もう少しパワーが欲しい人は「後ろ足を前足に寄せる」形がオススメです。

右利きの方であれば、左足は固定で右足を寄せていく。

肩幅くらいのスタンスから、足を寄せて着地させて下から上に力を伝えていくとGOOD!

ただし、当然動かす分トスアップがぶれたり、体重移動の流れでサーブ自体が難しくなるのも事実。

しっかり練習して、試合で入るサーブに仕上げていきましょう。

 

■大事なのは前足の「沈み込み」

どんな打ち方でも、サーブは下から上に、力をしっかり伝えて打たないと良いサーブにならない。

よく上半身の力で抑え込むような打ち方をしている方が多いですが、これでは試合で使えない。

緊張した場面で、全く入らなくなってしまうでしょう。

前足、右利きの方であれば左足の膝をグッと曲げて沈み込む、そして上にジャンプするように力を開放してみましょう。

きっと上半身に力を入れなくても、自然にボールが飛んでくれるし良い回転がかかるはずです。

 

サーブはつい、上半身の力を使って打ってしまいがち。

特に男性の方、力があり余っている学生の方はそうですよね。

一度下半身の動き、使い方から見直してみませんか?

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. サーブを打った後に前にダッシュする、「サーブ&ボレー」のポイント…
  2. 女性でも楽に打てる「スライスサーブ」を身に付けて試合で使っていこ…
  3. サーブ 「試合になるとサーブが入らない・・・」人がチェックしたい、サーブ…
  4. テニス サーブ サーブが安定しない人は、「軸足とラケットのライン」を意識してみる…
  5. 「試合で使えるセカンドサーブ」ってどんなサーブだろう?
  6. テニス サーブ テニスの試合、大事な場面でダブルフォルトしやすい人の特徴4つ
  7. ハードコートで効果的な、「バウンド後に弾んでキックする」サーブを…
  8. 試合で使えるスライスサーブを身に付けたい方に、押さえておきたい4…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP