フットワーク

テニスの基本「スプリットステップ」について、もしかしたらタイミングがずれているかも知れない件について

試合の中でスプリットステップ、皆さん上手使えてますか?

意外と、何となくでやっていて効果があるのかどうか不明・・・な方も多いと思います。

今回は、より実戦的なステップにしていくために、必要なタイミングの要素を考えてみましょう!

 

テニスの基本「スプリットステップ」について、もしかしたらタイミングがずれているかも知れない件について

 

相手が打つ瞬間には、ジャンプ?着地?

相手が打ったときに、素早く反応!

出来るようにするのが、スプリットステップの基本、ですね。

テニスだけじゃなく、あらゆるスポーツ競技でこのステップは採用されてますし、上手く使えば一歩目も早いしリズムも取れる。

皆さんは相手が打つ、まさにその瞬間にはどんな状態、でしょうか?

ジャンプしている?それとも着地している?

この0.5秒くらいの差、で実は反応の精度ってすごく変わってくると思います。

 

相手のショットが速いときは、「着地」を合わせていきたい

私が意識しているのは、相手から攻撃されそうな場面、速いショットに対応しないといけないときには「着地」を合わせていく。

相手が打つ瞬間に着地、するくらいでちょうど良い反応が出来る。

打つ瞬間にジャンプし始める感じだと、空中に浮いている状態で打ち込まれてむしろ反応が遅れてしまう・・・と思います。

また守備的にスプリットステップを使うなら、スタンスの広さと「沈み込み」の意識は大事ですね。

 

スタンス広めで目線低め、だとスプリットステップで守備力アップ!

相手のボレーをしぶとく拾う、サービスラインくらいで守備的な前衛のプレーが出来ると、ダブルスも強くなる。

その為には、スプリットステップのときに意識してスタンス=足の幅を広くして、目線も低めに調整したい。

上にジャンプする、というよりは下に沈み込んでいくような意識、でちょうど良いでしょう。

スプリットステップは膝を軽く曲げて、柔らかく使えると反応も良くなるはず。

守備力アップに、ステップの改良は欠かせません。

 

毎回、ショートラリーからボレーボレーのウォーミングアップ。

意外と全然、ステップしていない方が多いですよね。

まぁ、自分に余裕があるから・・・だと思いますが、いつもステップの癖を付けないと試合で実践出来ない。

ぜひ、普段の練習から意識してみて下さい!

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP