COACHING

「ちゃんとウォーミングアップに、なってる・・・?」テニスのショートラリーって、難しいですよね

テニスのウォーミングアップに、部活やスクールでたくさん使われるショートラリー。

短い距離でのストローク、からゆっくり入っていく練習が多いと思いますが、皆さんこのショートラリーって、どんなこと意識しながらやってますか?

「何も考えないで無心で・・・」という方、多いと思います。

良いショートラリーって、どんな感じかを一緒に考えてみませんか?

 

「ちゃんとウォーミングアップに、なってる・・・?」テニスのショートラリーって、難しいですよね

 

なるべく「ベースラインのストローク」と近い感じで打てると良い感じ

ショートラリーって、どうしても「当てにいく、合わせにいく」人が多い。

距離が短いので、相手の前にバウンドさせようと思うと手加減してしまいますよね・・・。

でも加減しようと思うと、テニスって難しい。

しっかりと短い距離、ショートラリーでもラケットを振り切って打ち終わることを、意識したい。

ベースラインに近いストロークの打ち方、なんだけど振り切る為に、必要なことって何でしょうか・・・。

 

回転量を多めに、ラケットを振り切る

ショートラリーで意識したいのは、ボールの回転量。

スピンでもスライスでも、回転量を少し多めにかけることを意識してラリーしてみて下さい。

なかなか初心者の方は難しいかも知れませんが、スピン系はしっかり打点を前、に確保できるように早めに身体をターンさせてテイクバック、から振り出していくこと。

この基本が出来ていれば、しっかり回転のかかったボールが打てるはずです。

小手先の技術やグリップも大事ですが、それ以上にショートラリーからしっかり構えて止まる、打つ、の基本を見直してみること。

きっと自然と、回転量が多く安定したショートラリーが出来るようになるはずです。

 

距離が長くなってボレーは・・・「いつでもOK!」なスタンスで

ここで、ショートラリーあるあるなことを、一つ。

つい、短い距離でのストロークが長くなって、相手にノーバウンドで飛んでいくこと、ありますよね。

そこで、「何だよ!」となるのはテニスプレイヤーとしてまだまだ未熟。

「ボレーになっても、いつでも対応OK!」なスタンスで、ゆったり構えてみて下さい。

ショートラリーでボレーになる、これって最高の練習になるんです。

テニスの試合、実際はどちらが来るか、不意にノーバウンドで処理しないといけない場面も多いですからね・・・。

アナタ自身の準備力、対応力を磨くのにも、ショートラリーってやっぱり最高の練習です。

 

つい、ウォーミングアップの代表格として「何となく」でやってしまいがちですが・・・もったいない!

プロ選手のショートラリー、を観ていると結構激しいし、きちんと相手のフォア、バックに打ち分けて狙っている。

スピンだけじゃなくて、スライスも意図的に混ぜる。

次回の練習、まずは自分のショートラリーから変えてみませんか?

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. 杉田選手の得意ショット、「ライジングショットで逆クロス」のフォア…
  2. クレーコートシーズンに学びたい、クレーコートでのドロップショット…
  3. 日差しが強いテニスコートでは、「ソーラーチャージャー RAVPo…
  4. ラケットバックの外ポケットに収まるコンパクト充電器「Native…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP