ARRAY

大学テニスのリーグ戦を観て感じた、ダブルスの試合は「ファーストサーブ次第」という現実

今日は久しぶりに、僭越ながら少しだけ技術的なポイントに焦点を当てて、書いてみたいと思います。

先日、関東大学テニスリーグ、の試合を観戦する機会がありました。

男子2部の試合で、私が観た試合はダブルス3本の試合。

どれも白熱した試合でしたが・・・共通する部分、が少し気になったんです。

 

1.ファーストサーブが入らなければ、サービスキープ率は一気に下がる

男子ダブルス、もう見るからに「リターン側優位」なんですよ。

ファーストサーブでも、結構リターン側が優勢に試合を進める事が出来る。

みんな、本当にストロークが好きで自信がある、だからリターンもしっかり打っていける。

逆にサーブはというと・・・あまり差が無い、絶対の安定感がある選手が少ないように見えました。

そんな感じなので、セカンドサーブになってしまったら、もう完全にリターン側が優位。

サーブ側も、沈められるのが分かり切っているので、前に出るサーブ&ボレーが出来ない。

そんな感じの試合、ばかりだったように思います。

 

2.ストローク側がボレー側を押し切る、ようなポイントが多い

そうなると、自然と並行陣も少なくなる。

サービス側が仕掛けるのは、Iフォーメーションでファーストサーブが入ったとき、それ以外は結構しんどい。

ストローク側が、相手が前衛にいてもバンバン打って打って、打ち抜いていくような試合が多いんですよね。

それはそれで見応えがあるんですが、なかなか「ダブルスらしいな」と感じられるポイントが少ない。

これって、実は大学テニスのその先、にもつながっている問題なんじゃないのかな・・・と。

観戦していてすごく感じました。

 

3.良いボレーヤーが育たないと、良いストローカーも育たない

結果的に、こうなると思うんです。

ネットプレーで本当に勝負出来る選手が育たないと、今のストローク側のレベルも上がっていかない。

私は、大学テニスのレベルが低いという話がしたいのではなく・・・このイデオロギー抗争、みたいなものが少ないんじゃないかな、と感じているんです。

矛と盾、みたいに、お互いの主張がぶつかるようなライバル関係。

これこそまさに、学生テニスのような場にこそ必要だと思うんです。

今のままだと、ストロークが上手いように見える、選手しか育たない・・・んじゃないかなと。

どこかで本気で「サーブとネットプレーでしっかり勝負していく」ようなダブルスペア、選手が出て来て欲しい。

そう大学テニスのリーグ戦を観て、ふと感じました。

 

先週末で大学王座の試合も終わり、学生テニスはこれで一つの節目。

早稲田大学の連覇継続、は本当に凄いことだと思いますが、同時に少し、同情する部分も。

彼ら、彼女らに、もっと先の相手、先の世界っていうのは、誰か見せてあげることが出来るのかな?と。

個人的には、王座のチャンピオンチームが日本リーグに参戦したり、全米王者の大学と対抗戦をしたり・・・みたいな場があると面白いのになと。

いつか実現してみたい、私の構想の一つです。

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. 【連載コラム】 ルールとマナーの隙間の話 ~団体戦の応援~ vo…
  2. 【連載コラム】 テニス選手もしんどいけど、審判も辛いよ vol.…
  3. テニスマガジンの公式サイトがオープン!注目すべき見どころ5つ
  4. プロテニス選手に意外と多い、「ゲン担ぎ」の傾向はサーブを打つ前に…
  5. 【連載コラム】 テニス選手もしんどいけど、審判も辛いよ vol.…
  6. 【連載コラム】 テニス選手もしんどいけど、審判も辛いよ vol.…
  7. 【連載コラム】 ルールとマナーの隙間の話 ~送球編~ vol.2…
  8. 「Top Tennis Training」の動画サイトは、社会人…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP