ARRAY

【連載コラム】 ルールとマナーの隙間の話 ~送球編~ vol.2

試合の中で、相手にボールを送る。

テニスの試合では、よくある光景ですよね。

「そんなの、届けば問題無いじゃん・・・」と思っている方、実はすごく損していると思います。

なぜなら、ボールを相手に渡す、送る、という行為も、実は自分の良い練習になる。

マナー良く気持ち良く渡したい、と思えば、自然に自分も成長出来るんです。

 

ワンバウンドで、手元で捕球出来る軌道。

これが、相手にボールを送るときの基本のマナーです。

少しフラットからスライス、気味の遅いボールでしっかり相手が取りやすいボールを送ること。

これは、テニスの試合における「マナー」です。

スピンでグイっ!と送るボール、別に反則ではありませんが・・・受け取る側の選手はどうでしょう?

突き指するかも知れないし、遠くからラケットで送ると勢いが付いてコントロールが難しい。

しっかり相手の手元、でワンバウンドで自然にキャッチ出来る。

こういう送球の気遣い、改めて皆さんも意識してみて下さい。

 

それからもう一つ、サーバーの選手側にはなるべく早めにボールを送ること。

ずっとリターン側がボールを持って、ポジションに着いてから送る・・・のでは、ちょっとマナー違反。

もちろん、揺さぶるイメージでたまにやる、には問題無いという意見もあると思いますが。

サーブ側の選手は早く2球、手元に持ちたいと思うのが自然。

相手の立場に立って考えれば、自然にマナーも見えてくる、のがテニスです。

 

もちろん、サーブを送るときには相手がコチラ側を見て確認してから。

ダブルスの試合、2カ所から送球するときには被ってしまわないように注意しましょう。

基本は、サーバー側から「遠い選手のボール」から先に相手に送る。

その捕球を確認して、近い側の選手が2球目を送る。

「当たり前だろ!」と思うかも知れませんが、意外と試合の中で無意識に出来ていないケース、も多いですよ。

たかが送球、されど送球。

ダブルスの試合では、こういう部分でパートナーと息を合わせる、ことも大事な要素です。

 

しっかりコントロール出来るようになれば、アナタのテニスの技量も上がっているはずです!

試合のマナーとして、ちょっとだけ意識してみて下さい。

自分の成長にもつながって、一石二鳥ですよ。

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. 【連載コラム】 テニス選手もしんどいけど、審判も辛いよ vol.…
  2. 【連載コラム】 テニス選手もしんどいけど、審判も辛いよ vol.…
  3. 【連載コラム】 テニス選手もしんどいけど、審判も辛いよ vol.…
  4. 【連載コラム】 テニス選手もしんどいけど、審判も辛いよ vol.…
  5. 「Top Tennis Training」の動画サイトは、社会人…
  6. 【連載コラム】 ルールとマナーの隙間の話 ~サーブ編~ vol.…
  7. 大学テニスのリーグ戦を観て感じた、ダブルスの試合は「ファーストサ…
  8. 【連載コラム】 ルールとマナーの隙間の話 ~声出し編~ vol.…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP